Narita,
2011年
4月
16日
|
04:00
Australia/Melbourne

ジェットスター、国際NGOワールド・ビジョンの 東日本大震災緊急支援募金に協力

航空券購入時の募金を受付、さらに集まった募金総額と同額を寄付

ローコストキャリアのジェットスター航空は、「ワールド・ビジョン・オーストラリア東日本大震災緊急支援募金」に協力いたします。2011年6月30日までの間、ジェットスター航空のオーストラリア国内便およびオーストラリア発国際便をご予約いただくお客様は、Jetstar.comにて航空券をお買い求めいただく際に、同募金へ寄付をしていただくことができます。

募金の方法は、Jetstar.comから航空券購入時に募金欄の「YES」を選択し、金額(2、5、10、25、または100豪ドル)を指定してください。これにより、ワールド・ビジョン・オーストラリア東日本大震災緊急支援募金へ課税控除の寄付を行うことができます。また、航空券を購入されないお客様も、Jetstar.com(オーストラリアのホームページ)のバナーから寄付を行うことができます(オーストラリアのホームページに行くには、Jetstar.comの日本語ページ右上のタブより「オーストラリア」をお選びください)。ジェットスター航空のオーストラリア国内便をご利用のお客様には、機内で小銭をワールド・ビジョン・オーストラリア東日本大震災緊急支援募金に寄付していただくこともできます。

ジェットスター航空はまた、「ニュージーランド赤十字クライストチャーチ震災支援募金」への協力も決定しました。2011年6月30日までの間、ジェットスター航空のお客様は、オークランド、クライストチャーチ、クイーンズタウン、ウェリントンのジェットスター航空のカウンターにて、またはJetstar.comを通じて、ニュージーランド国内線ならびにパック旅行をご予約の際に寄付にご協力をいただくことが可能です。

さらにジェットスター航空では、2011年6月30日までに集められた、ワールド・ビジョン・オーストラリア東日本大震災緊急支援募金とニュージーランド赤十字クライストチャーチ震災支援募金の両募金の総募金額と同額(最高10万豪ドルまで)を、追加で寄付します。

お客様のご協力を得た寄付およびジェットスター航空による同額の寄付金は、東北地方太平洋沖地震ならびに津波の被害に遭われた地域の皆様への、ワールド・ビジョン・オーストラリアによる救済活動、ならびにニュージーランド赤十字によるクライストチャーチ大地震による被災者支援に充てられます。

ジェットスター・グループのブルース・ブキャナンCEOは、自社の国際的なネットワークを通じて被害を受けたコミュニティの支援に取り組むことを表明しています。「オーストラリアと日本を結ぶ最大の航空会社として、またニュージーランド国内で第2位の規模を持つ航空会社として、ジェットスター航空は今回の悲劇による影響を受けた多数の方々を支援するため、できる限りの努力をしたいと考えています」

ジェットスター航空は今回の震災で旅行計画に影響を受けた多数のお客様をサポートしています。ご予約の変更および払い戻しに関する最新の情報についてはJetstar.comをご覧ください。

ジェットスター航空によるオーストラリアとニュージーランドでの復興支援募金への同額支援について

ワールド・ビジョン・オーストラリア東日本大震災緊急支援募金(オーストラリアでの航空券購入時のみ)とニュージーランド赤十字クライストチャーチ震災支援募金(ニュージーランドでの航空券購入時のみ)の両方に対するジェットスター航空ご利用のお客様からのご寄付についても、ジェットスター航空は合計でそれと同額(10万豪ドルを上限として)を寄付します。この募金キャンペーンは2011年6月30日まで予定されていますが、ワールド・ビジョン・オーストラリアとニュージーランド赤十字の募金目標が達成された場合には早期に終了することもあります。