Narita,
2011年
1月
31日
|
02:00
Australia/Melbourne

ジェットスター、ワンワールドと共に世界の各地へジェットスター航空便がワンワールド運賃で利用可能に

ローコストキャリアのジェットスター航空は、グローバル・アライアンスのリーダーであるワンワールド(oneworld®)加盟航空会社との間に、新たな運賃協定を締結したことを発表しました。これにより、世界一周運賃「ワンワールド・エクスプローラー」や、周回旅行運賃の「ワンワールド・サークルパシフィック・エクス

プローラー」「ワンワールド・サークルアジア & 南西太平洋エクスプローラー」「ワンワールド周回旅行エクスプローラー」などのワンワールドの商品に、オーストラリアを拠点とするジェットスター航空の路線を組み合せることができるようになります。

2011年2月1日から、ワンワールド加盟航空会社と世界中の旅行代理店は、カンタス航空とのコードシェア

便としてジェットスター航空(JQ)が運航する便を、ワンワールドによる旅行の一部として販売できるようになります。カンタス航空は事実上すべてのジェットスター航空便についてコードシェアを行っており、したがってこの協定はジェットスター航空によるほぼすべてのオーストラリアおよびニュージーランド便に適用されます。

この独自で新しい料金協定は差し当たり、カンタス航空、アメリカン航空、キャセイパシフィック航空、フィンランド航空、日本航空、ラン航空、およびロイヤル・ヨルダン航空を含む、ジェットスター航空とすでにインター

ライン協定を結んでいるワンワールド加盟航空会社が発券する航空券に適用されます。他のワンワールド

加盟航空会社が発券する航空券にもこの協定を拡大する計画が、現在進行中です。

ジェットスター航空はすでに、ワンワールドがアライアンス加盟航空会社以外の厳選された航空会社と提携することにより提供している世界一周運賃「グローバル・エクスプローラー」、およびワンワールドの1大陸周回旅行用運賃「ビジット・オーストラリア& ニュージーランド・パス」に参加していますが、今回の提携は、ワンワールドの非加盟航空会社がワンワールドブランドの主力運賃パッケージに組み込まれる、初めての例と

なります。

このたびのジェットスター航空の参加により、新たに5方面、オーストラリア国内およびニュージーランド国内線を含む56のオーストラレーシア(Australasia)路線を、以下のパッケージが提供する路線網に追加できるようになります。

  • 世界の約150カ国、800近い就航地を網羅する世界一周運賃「ワンワールド・エクスプローラー」
  • 南西太平洋、アジアおよび南北アメリカの約30カ国、およそ450の就航地を結ぶ「ワンワールド・サーク ルパシフィック・エクスプローラー」
  • およそ20カ国、約150の就航地を結ぶ「ワンワールド・サークルアジア & 南西太平洋エクスプローラー」

先述の運賃パッケージを含むワンワールドの航空運賃、ならびに各々の詳細な見積りは、oneworld.com

をご覧ください。

ジェットスター・グループCEOのブルース・ブキャナン(Bruce Buchanan)は、ジェットスターは引き続き、従来ローコストキャリアが扱わずにきた画期的な商品をお客様に提供し、常に新たな可能性を切り開いていくとし、あわせて次のように述べています。

「ワンワールド・アライアンスには世界有数の航空会社12社が集うとともに、さらに20社の系列航空会社と

共同で、約150カ国の750以上の都市に運航しています。」